廃缶処理機・圧縮梱包機 プレッサー

製品外観 特長・用途
プレッサーイメージ
  • 事務所、工場から出る紙、プラスチックフィルム、布、綿、ウレタン類などを、ワンタッチでコンパクトにプレスできる圧縮機です。
  • 操作はとても簡単で、しかも安全なので誰にでも運転が可能です。
  • 圧縮物は一定のサイズに揃います。
  • 狭い場所でも設置できるコンパクトサイズです。
  • 廃油や油漏れ等、環境負荷の問題がある油圧タイプではなく、スクリュー駆動式のエコマシンです。
  • 偏荷重に強く、維持費の安い独自のメカ式加圧システムを採用しています。
  • 必要な加圧力、加圧スピード、扉の開閉の仕方など、豊富なバリエーションの中からお選びいただけます。

※プレッサーシリーズの標準版はPPバンドでの結束ですが、「上部リールスタンド」や「プレス回数カウンター」
等の機能がなく、PPロープでの結束ができる廉価版もご用意しております。

オプション

  • 浮上止めツメ
    ビニール類など反発力のある対象物を圧縮するとき、押さえたものが浮上して、次の対象物の投入ができなくなる場合がございますが、浮上止めツメをつけることで、そういった圧縮物の反発を押さえることができます。 段ボールや紙など、比較的反発力が強くない対象物のみを圧縮する場合は不要です。
  • 下置き大リール
    プレッサーの上部にあるリールスタンドで作業がしにくい場合、別途下置き場所が必要となりますが、下置きの大リールをご用意することもできます。(※市販の1000巻PPバンドが使用できます。)

他にもオプションをご用意しておりますのでご相談ください。

操作説明

イメージ

①小ドアを開いて投入します。

イメージ

②ドアを閉め、下降ボタンを押します。①、②を繰り返します。

イメージ

③完了ランプが点灯したら、大ドアを開きます。

イメージ

④レバーを引き、バンドを掛けます。

イメージ

⑤バンド掛け後、搬出レバーをセットします。(レバーを押し込んで右か左に回します。)

イメージ

⑥搬出ボタン及び上昇ボタンを押すと、ひも掛けされた梱包物が反転して、前面に押し出されます。

イメージ

⑦搬出後、次の圧縮に備えてバンドをセットしておきます。

製品仕様

機種名 プレッサー50 プレッサー70 プレッサー90 プレッサー110
梱包物サイズ及び重量
(梱包高調整可)
500mm700mm900mm1100mm
奥行350mm500mm650mm650mm
高さ450~700mm450~700mm450~700mm450~700mm
重量30kg(紙の場合)60kg(紙の場合)90kg(紙の場合)150kg(紙の場合)
処理能力毎時125㎏~150㎏毎時250kg~300㎏毎時350㎏~400㎏毎時500kg~600㎏
本体外寸
(カッコ内はリール高含む)
800mm1000mm1300mm1500mm
奥行573mm723mm880mm880mm
高さ1955(2170)mm1955(2170)mm1998(2213)mm1998(2213)mm
本体質量約400kg約500kg約1000kg約1100kg
投入間口
500mm700mm863mm1063mm
高さ456.5mm456.5mm371mm371mm
加圧力49.0kN(5ton)98.1kN(10ton)176.5kN(18ton)245.2kN(25ton)
電源3相 20V 10A3相 200V 20A3相 200V 50A3相 200V 50A
モーター0.75kW1.5kW3.7kW5.5kW
電源ケーブル4mコード
コンセント(4P20A)
4mコード
コンセント(4P20A)
4mコード
コンセント(4P30A)
4mコード
コンセント(4P30A)

※梱包重量、梱包サイズは対象物により異なります。

※上記標準仕様以外に特注機種も承ります。

  1. 本機は水平なコンクリート上に設置してください。
  2. 本機は屋内仕様となります。
  3. 一次側電源への電気配線はお客様にてお願い致します。
  4. (圧着端子及びプラグは付属しておりません。)
  5. 構造上、機械の運搬及び横引きは立てた状態(直立)で行ってください。
  6. 納期は都度ご相談ください。
  7. 試験運転立会には、別途交通費など(労務費、交通費、宿泊費、諸費用)が必要となります。

ページのTOPへもどる

Copyright (c) 2014 SEIBUYOUKI Co., Ltd. All rights reserved.