内袋・パレットカバー等

特長

  • ここでは、ドラム缶、ペール缶などの容器や段ボールケースに入れる「内袋」及びパレット積載物をホコリ等から守る「パレットカバー」、ドラム缶の天板に被せ、雨水やサビから天板を守る「天板カバー」を紹介します。
  • 内袋は、主に粉体や粘度が高い液体を充填する際に利用します。
    (※クローズタイプの内袋は、低粘度の液体にもお使いいただけます。)
  • 内袋を使うことで、内容物が直接外装容器に触れないため、外装容器が内容物に侵食されないのはもちろんのこと、外装容器が汚れないため、繰り返しの利用や分別廃棄などのリサイクルが容易となります。
  • 「パレットカバー」、「天板カバー」は、保管、運搬する対象物に装着することで、ホコリ、雨水、花粉、黄砂、紫外線による劣化を防ぎ、製品の品質を保持するのに役立ちます。

選び方のポイント


内袋

内袋には、ドラム缶、ペール缶等の外装容器にぴったりと合う「専用内袋」、外装容器の寸法に近い封筒型の「平袋」、平袋の底を角底に加工した「ガゼット袋」がございます。

  • 専用内袋
    「専用内袋」は外装容器の形状にぴったりと合うため、内容物の充填、取り出しが容易である他、輸送時に内袋が外装容器とこすれて破れるリスクが少なくなります。
    • ドラム缶・専用内袋
      ドラム缶用の専用内袋には、大きく分けて、低粘度の液体を充填するための「クローズ内袋」、粉体や粘度の高い液体を充填するための「オープン内袋」の2種類のタイプがございます。
      「クローズ内袋」は、袋のフィルムの厚みによって、「薄膜タイプ」、「一般タイプ」、「厚膜タイプ」の3タイプがあり、それぞれの膜厚で、口栓の形状をお選びいただけます。
      「オープン内袋」は、低密度ポリエチレン製の「一般タイプ」、ガスバリア性に優れる「アルミラミネートタイプ」、クリーンルームで自動製造された衛生的な「クリーンタイプ」、耐溶剤性に優れた「溶剤対応永久帯電内袋」、150℃の食用油も充填可能な「耐熱タイプ」などがございます。
      また、「オープン内袋」は、内袋の上に被せる天板シートと合わせて使用します。
      天板シートには、樹脂シートを単純に丸形、角形に加工した「天シート」と、ドラム缶の開口部にフィットするような形状に成型した「成型天板」とがございます。
      天板シートには、クラウンキャップを装着できる「B栓口」を取り付けた「口付 天板シート」もご利用いただけます。
      「オープン内袋」と合わせて使うことで、粉体のみならず、液体の保管、輸送も可能となる「中蓋」もございます。
    • ペール缶・専用内袋
      ペール缶用の専用内袋には、充填時に内袋がずれないように鍔(つば)が付いているタイプと鍔(つば)がないタイプがございます。
      いずれのタイプも、袋の高さは350mm~500mmまで成形可能です。
      また、ペール缶用の「天板シート」も鍔(つば)付きタイプと鍔(つば)なしタイプがございます。
      ご利用方法に合わせてお選びください。
    • その他・専用内袋
      その他の専用内袋としては、フレキシブルコンテナーの中敷などに利用する「玉シール」や18L缶被せ缶に利用する「18L缶用ガゼット袋」などがございます。
      ここに記載のない内袋につきましては、オーダーメイド品も承りますので、ご相談ください。
  • 平袋
    封筒型の「平袋」は、安価で経済性に優れています。
    様々なサイズをご用意しておりますので、サイズ表よりご希望のサイズをお選びください。
    また、二重の平袋と同等の強度を誇る「ゼロピンホール」もご用意しております。
  • ガゼット袋
    「平袋」を加工して底を角底に成型した「ガゼット袋」は、各種サイズを取り揃えております。
    サイズ表よりご希望のサイズをお選びください。

パレットカバー

  • パレット積載物を、ホコリ、黄砂、花粉、雨、紫外線などから守るパレットカバーには、様々なサイズをご用意しております。
    サイズ表よりご希望のサイズをお選びください。

ドラム缶カバー

  • ドラム缶の天板を雨水やサビ、汚れなどから守る天板カバーには、樹脂製、鋼製のタイプがございます。
    樹脂製には、カバーの厚みや色などによって、ご希望のタイプをお選びいただけます。

ページのTOPへもどる

Copyright (c) 2014 SEIBUYOUKI Co., Ltd. All rights reserved.